ベジファーストダイエットを成功させるための、5つのポイント

ベジファーストダイエットを成功させるための、5つのポイント

 

過度な食事制限を行わずにできる、ベジファーストというダイエット法をご存知でしょうか。

 

ベジファーストは、その名の通り野菜を食事の最初に食べるダイエット法です。毎日の食生活に取り入れるだけなので、手軽に続けることが可能です。ですが、そのベジファーストダイエット法も、やり方を間違うと効果を実感することができません。ここでは、ベジファーストを成功させるための、5つのポイントについて解説したいと思います。

 

一定以上の野菜を食べる

 

ベジファーストといっても、ただ野菜を食べればいいわけではありません。ベジファーストは、血糖値の上昇を抑えることで、糖質が脂肪に代わるのを防ぐダイエット法で。少し食べただけでは、血糖値の上昇は抑えられません。一食100gを目安にして、野菜を摂るようにしましょう。

 

 

時間をかけて食べる

 

 

野菜を早食いしてしまうと、血糖値の上昇を抑えられないので、ほとんど意味がありません。ゆっくりと時間をかけて、食べるようにしましょう。毎食5分かけて食べるのが、ベジファーストとしては理想的です。また、ゆっくりよく噛んで食べると、満腹感も得られます。自然と食べる量も減ってくるので、さらなる効果を期待できます。

 

 

野菜の種類を選ぼう

 

 

ベジファーストとは言いますが、野菜ならどれでもよいわけではありません。野菜の中には、糖質が多く含まれているものも多いです。特にイモ類や根菜は糖質が多いので、注意が必要です。糖質の吸収を抑制する食物繊維が豊富な野菜を中心に、ベジファーストを行いましょう。ブロッコリーやもやし、セロリは食物繊維が豊富でベジファーストにも最適です。また、野菜以外の海藻やキノコ類でも、ベジファーストは実行可能なので、積極的に利用しましょう。

 

 

継続が重要

 

 

ベジファーストは、継続が非常に重要です。できる限り毎食行うようにしてください。とわいえ、外食や忙しいときなど、ベジファーストができない場合もあります。外食の場合は、炭水化物以外の物から食べるようにしましょう。魚や肉でも、糖質は炭水化物よりすくないです。メニューの中で、なるべく糖質が少ないものから食べてください。どうしても野菜が用意できない場合は、野菜ジュースがお勧めです。手軽に飲めますし、忙しいときでも手間をとりません。ただし、通常のベジファーストと同様に、ゆっくりと時間をかけて飲む必要があります。

 

 

ドレッシングに注意

 

 

ベジファーストを行う場合は、手軽なサラダが最適です。ですが、せっかくベジファーストをおこなっていても、高カロリーで糖質も高いドレッシングを使っていては意味がありません。オイルを使用したドレッシングや、濃厚な味付けのドレッシングは糖質やカロリーも高いです。ドレッシングを選ぶ際には、糖質量やカロリーを確認するようにしましょう。

 

ただし、同じドレッシングだけだと、飽きがきてしまいます。自分で手作りしたり、檸檬を絞るといった工夫が必要です。